オンライン・ネットショップ開業を応援するSEOノウハウ

十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログ

 

オーガニック検索

  • オーガニック検索
  • オーガニック検索流入を増やすことの重要性

    オーガニック検索流入を増やすには、キーワードの検索数を考慮して作成します。さらに検索で上位表示させたり、構造化データをマークアップする必要があります。

    キーワードの検索数を考慮してページを作成するには、まず専用ツールを活用します。キーワードプランナーを使って、キーワードの検索数を調べます。そして、100~1000などの検索数を見つけて、実際にユーザーに検索されてる需要のあるキーワードを選定します。その選定したキーワードを軸にして、ページを作成します。そうすれば、そのページがインデックスされて上位化したときに、検索ユーザーの訪問が見込めるというわけです。さらに言うと、こうしたページを増やせば、検索ユーザーの訪問がどんどん積み上がります。こうして、キーワードの検索数を考慮してページを作成することが、オーガニック検索流入を増やすためのポイントとなります。

    一方、検索数が「0」のキーワードでページを作成すれば、検索ユーザーの訪問が見込めない可能性があります。そして、そうしたページばかり増やしても、検索流入がうまく積み上がりません。結果的に、オーガニック検索流入が増えずらいでしょう。上位表示するには、SEO対策を行います。検索意図E-A-Tページエクスペリエンス主にこれらを考慮したサイトをしっかりインデックスさせるようにSEO対策します。そうすれば、ページごとの質が上がって、サイト自体の品質が高まるので、Googleに評価されやすくなります。結果的に、キーワードの検索順位が軒並み上位化して、検索ユーザーの訪問が増えるというわけです。こうして、上位表示することが、オーガニック検索流入を増やすためのポイントとなります。ただ上位表示しても、オーガニック検索流入が増えないことがあります。具体的には、キーワードの検索数を考慮しなかった場合です。上位表示しなければ、検索ユーザーの訪問も増えずらいでしょう。もう少し言うと、50位や100位などの検索結果2ページ目以下であれば、検索でのクリック率が低くなります。

    この場合、自身のサイトをクリックして訪問する検索ユーザーが少ない、もしくは皆無なので、オーガニック検索流入が増えずらいというわけです。ちなみに、SEO対策の知識が無くて自身でできない場合は、専門業者(会社)に依頼することも検討できます。構造化データを活用するには、検索でのクリック率がより向上しそうなものを考慮します。リッチリザルトの中でも、CTR(検索でのクリック率)が高い「よくある質問(FAQ)」の構造化データを活用します。この構造化データをマークアップする際には、FAQ専用の構造化データをガイドラインを考慮して正しくマークアップすれば、クローラーにしっかり認識されて検索結果にFAQのリッチリザルトが表示されやすくなります。結果的に、クリック率が向上して、検索ユーザーの訪問が増えやすくなるというわけです。こうして、構造化データ活用することが、オーガニック検索流入を増やすためのポイントとなります。また、検索ユーザーは、通常の検索結果よりもリッチな検索結果をより好む傾向があります。

    PS
    リッチスニペットとは、ユーザーが検索結果画面からどのページをクリックするか、その判断を助けるための視覚的にページ内容が想像できるような情報のことです。 通常、検索結果の下部に表示されるのは、スニペットと呼ばれる、要約(description)やページ内の文言を抜粋したもので、基本的には文字情報だけで構成されています。

    tag :

    オーガニック検索結果にサイトが表示される仕組み

    オーガニック検索結果にサイトが表示される仕組みは、主に、クロール、インデックス、検索アルゴリズムの3つが深く関わってます。例えば、Google検索エンジンであれば、まず、Googlebot(Googleのクローラー)がサイトの情報を取得します。そして、その情報をGoogleインデックスというデータベースに格納(登録)します。さらに、登録した情報と検索アルゴリズムを照合した結果、より有益な情報を持つサイトが優先的にオーガニック検索結果に表示(ランク付け)されるというわけです。これが、オーガニック検索結果にサイトが表示される仕組みとなります。

    オーガニック検索結果にサイトが表示されれば、ブランディングになり、表示されたサイトを検索ユーザーがクリックすれば、検索流入の獲得につながります。つまり、ブランドの認知拡大やアクセス数の増加に寄与する点が、オーガニック検索にサイトを表示したときのメリットとなります。タイトルやディスクリプションに会社名やサイト名、商品名などの商標を入れてサイト構築したとします。そうすれば、検索結果のスニペットにその商標が表示されます。結果的にその商標が、検索ユーザーの目に触れる機会が増えるので、ブランディングになるというわけです。また、タイトルやディスクリプションに商標名がなくても、魅力的なスニペットなら検索ユーザーはサイトをクリックします。そうすれば、ランディングしたユーザーは、運営情報など含めたサイトの中身を閲覧するので、認知拡大につながります。

    このように、ブランディングできる点が、オーガニック検索結果にサイトを表示したときのメリットの1つとなります。さらに言えば、ブランディングによって、指名検索やダイレクトアクセスが増えやすくなります。そうなれば、サイト全体のアクセス数の増加が期待できるでしょう。付け加えて、ブランディングが促進できれば、SEOで重要なE-A-Tが高まります。結果的に、Googleに評価されやすいサイトにすることができます。

    オーガニック検索結果にサイトが表示されれば、検索流入の獲得につながります。検索数を考慮した良質なサイトを作成して、そのサイトを検索上位化させたとします。そうすれば、検索ユーザーがクリックして自身のサイトに流入します。結果的に、検索流入の獲得につながるというわけです。このように、検索流入の獲得につながる点が、オーガニック検索結果にサイトを表示したときのメリットの1つとなります。


    tag :

    オーガニック検索とは?自然検索流入の重要性と増やすやり方法

    オーガニック検索自然検索流入の重要性と増やす方法

    オーガニック検索とは、インターネット検索結果に表示される有料検索(広告)を除いた検索結果のことで、別名、”自然検索”とも呼ばれ、所定の条件を満たすことで誰でもWebサイトを表示することができます。Googleの検索エンジンにサイトを表示したい場合は、Googleのガイドラインを考慮して作成したWebサイトをサーバー上に公開するという具合です。このオーガニック検索は、検索エンジンのベースとなる機能で、GoogleやYahoo、Bingなどの有名な検索エンジン含めた世界中のあらゆる検索エンジンが取り入れてるメイン機能となります。

    オーガニック検索にサイトが表示されれば、ブランディングや検索流入の獲得が見込め、検索流入の獲得によって、Web集客の安定化につながります。そのためには、SEO対策が必要です。こうした、オーガニック検索含めたアクセス流入の推移を確認するには、Googleアナリティクスやサーチコンソールといった専用ツールを使うことをおすすめします。



    tag :

     X 閉じる
    MORK