オンライン・ネットショップ開業を応援するSEOノウハウ

十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログ

 

Googleアナリティクス

  • Googleアナリティクス
  • 初めてのGoogleアナリティクス導入

    Googleアナリティクスは誰でも無料で使える高機能なサイト分析ツールです。導入した日から、あなたのサイトの利用者の訪問状況、流入経路、行動パターンなどの貴重なデータを把握できます。データの蓄積量が増えるほどGoogleアナリティクスで解析できる要素が多くなり、ウェブサイトを改善する手がかりが数多くもらえます。

    ただし、Googleアナリティクスの設定には有料ツールのようなサポートがありません。現在のプロ分析士たちも最初は独学でGoogleアナリティクスの使い方を模索していました。本コンテンツでは、初心者には少しハードルが高いGoogleアナリティクスの導入手順や設定方法を図解でやさしく解説し、「初めてでもこれだけは知っておきたいポイント」を紹介します。

    Googleアナリティクス導入の第一関門は、解析対象のサイトに「トラッキングコード」を埋め込むことです。トラッキングコードによってサイト利用者のアクセス情報(訪問状況、流入経路、行動パターンなど)が24時間取得され、集めたデータはGoogleアナリティクスの管理画面から「レポート」として見ることができます。

    STEP1 Googleアカウント登録

    自分のGoogleアカウント(Gmailアドレス)を用意します。新規作成はhttps://accounts.google.com/SignUpのページから行えます。取得済みの人はSTEP2に進んでください。

    STEP2 Analyticsアカウント取得

    https://www.google.com/analytics/のページ右上の「ログイン」から、「Googleアナリティクス」にログインします。初めての人は、「お申し込み」ボタンを押します。次の画面で解析したいウェブサイトの「アカウント名」「ウェブサイト名」「URL」などを入力し、「トラッキングIDを取得」ボタンを押してください。

    STEP3 トラッキングコード取得・設置

    UA(ユニバーサルアナリティクスの略)から始まるトラッキングIDが発行されすので、画面の中ほどにある数行のトラッキングコード(gtag.js)をコピーし、アクセス解析を行いたいサイトのソース内(タグより上、最初の内)に貼り付けます。

    STEP4 確認

    トラッキングコードが正しく設置されていれば、数時間以内にはデータ収集が始まります。画面左上の「ホーム」ボタンを押して、データを確認しましょう。設定直後は何もデータがありませんが翌日にはデータが反映されています。

    なお、トラッキングコードの設置から数時間経ってもデータが反映されない場合はいくつか問題点が考えられます。また、アクセス解析を正しく行うためには、トラッキングコード設置直後に「ビュー設定」や「フィルタ設定」を行うことも重要です。

    Googleアナリティクスでは過去に遡ってデータを収集することはできないので、最初の設定がとても大切です。Googleアナリティクスの使い方をマスターするために、「セッション」や「トラフィック」などの言葉の意味を理解しておきましょう。

    ユーザー・セッション・ページビューの違いは?

    上段左側には、過去7日間にサイトを訪問したユーザー数やセッション数が表示されます。ユーザーとは、固有の訪問者数のことで、サイトを訪れるとパソコン等のブラウザに保存されるcookie情報をもとに判別されます。同じcookie情報を持つユーザーは同一とみなされるので、何回サイトを訪れてもユーザー数は1となります。

    セッションとは、ユーザーの訪問回数のようなもので、サイト訪問から閲覧終了までを1とします。但し、Googleアナリティクス計測上、サイトを開いて30分以上何もしなかったり、異なる外部リンクを経由してページを開いたりした場合もセッションが途切れます。

    ページビューとは、特定のページが開かれた回数を表し、ユーザーが閲覧したサイトの数を表しています。ウェブサイトの閲覧状況を図る基礎的な指標です。たとえば、 1人のユーザーが3月22日の午前中にサイトを1回訪問し、2ページ閲覧した。午後にもう1回同じサイトを訪問し、3ページ閲覧した場合、ユーザー数は1、セッション数は2、ページビュー数は5となります。

    ユーザーが最初に訪れたページのどこもクリックせずにページを閉じることを「直帰」と呼び、ネットショップの場合は直帰率が低いほうが売上につながりやすいと言えます。中段左側には、サイトの集客状況(ユーザーをどのように獲得しているか)が表示されています。

    トラフィックとは通信量のことで、どのドメインからどれだけのアクセスがあるのか知ることができます。たとえば「トラフィックチャネル」のDirect(ノーリファラー)は、URLの直接入力やお気に入り登録から訪問した人なので、サイトを認知している人の訪問割合です。

    また、Organic Searchは検索エンジン経由で訪問した人の割合で、これが少ない場合は、もっと検索エンジンでヒットするようなサイトに改善する必要があるかもしれません。また、「参照サイト」をクリックすると、どんなSNSや外部メディアのドメイン経由でアクセスがあるのかザッと確認できます。

    「ホーム」画面の下半分には、ユーザーが訪れた上位ページや、過去1ヶ月間のアクティブユーザーの動向、目標達成の進捗などが表示されています。たくさんのユーザーが訪れているページが分かれば、そこから問い合わせや商品購入への導線を作ることもできるでしょう。

    実行したアイデアが結果的に良かったのか悪かったのか検証するためには、目標を設定しておくことも重要です。とくにネットショップでは、商品購入という目標達成(コンバージョン)につなげるために、トラフィックやページビュー数を増やすといった中間目標を意識することも必要です。

    刻々と変化する状況を見ると、サイトが生きていることを実感して、「もっと良くしたい!」という気持ちが湧いてくるのではないでしょうか? リアルタイムレポートはアクセス解析のモチベーション維持に役立ってくれます。

    データの期間変更と比較をしよう

    Google アナリティクスの基本画面に慣れたら、次は1ヶ月単位で分析することを意識しましょう。ただ数字を目で追うよりも、期間を区切って前月や昨年のデータと比較するほうが分かりやすいです。たとえば、レポートの「ユーザー」の概要を見ると、初期設定の期間は1週間となっています。右上の日付をクリックして期間を30日間に変更します。

    さらに比較にチェックを入れて前の期間と比べてみましょう(前年同期比もできます)。良くなった数字は緑色で、悪くなったものは赤字で表示されます。このとき、事前に「ページビューを何%アップさせよう」といった目標を立てていれば、その前後で数字がどのくらい変化したのかハッキリと確認できます。

    よい分析をするには目標設定が不可欠です。なお、直帰率とはユーザーが最初に訪れたページのどこもクリックせずにページを閉じた確率です。ネットショップの場合は主要なページの直帰率を40%〜50%以下に抑えることが目安とも言われますが、読み物中心のブログサイトなら60%〜70%以上の直帰率でもユーザーの満足度は高い場合があります。

    また、新規ユーザーとリピートユーザーの割合ですが、Google アナリティクスを始めたばかりの頃は圧倒的に新規が多いので、半年程経ってから参考にしましょう。Google アナリティクスでは、ユーザーや直帰率などの「指標(評価軸)」でデータを見るだけでなく、さらに「ディメンション(分析軸)」をプラスすることで細かい分析ができます。

    まずは「ホーム」画面や「リアルタイムレポート」のデータを毎日チェックしてください。それからサイトの目標を改めて設定し、もう一歩踏み込んだアクセス解析を行っていきましょう。少し手間はかかりますが、サイトをより良く改善するヒントがたくさん得られるはずです。

    忙しくてデータ分析まで手が回らないという方へ

    ECサイトで売上を伸ばすために大切なのは、データを分析し、そこから得たインサイトを改善施策につなげていくことです。しかしながら、日々、多くの注文対応やサイト運営に追われている担当者様。「データの分析まで手が回らない」「データの分析はできても、その先まで考える時間がない」ついつい、こんな状況に陥ってしまっていませんか。

    Googleアナリティクスから得られる様々なデータをグラフや図で可視化し、一目でサイトの現状が分かる「レポート」にまとめてご提供いたします!

    ・Googleアナリティクスの設定は完了したけれど、毎日データのチェックをするのは大変
    ・管理画面が複雑で、どこを見ればいいのか分からない
    ・必要なときだけ分析をお願いしたい

    そんなお悩みを持つ方に是非おすすめしたいサービスです。
     

    アナリティクス上級者向け 
    導入済のAnalyticsであなたのサイトを診断

     



     


    tag :

     X 閉じる
    MORK